債務整理・借金返済方法 民事再生について ジャパンネット法律事務所

「民事再生」

とは、任意整理・特定調停をしても返済が困難であるが、自己破産は避けたいという場合に

よく利用される手段です。

特に持ち家のある方に対し、住宅ローンを含む持ち家はそのままに、ほかの債務を整理できる

という利点があります。

 037

利息制限法に基づき再計算した返済金額により、実際の返済額が決まります。

再計算後の金額が、

100万以上-500万未満の場合は100万円

500万以上-1500万未満の場合は、その1/5額

100万未満の場合はその計算額通り

となっており、これ以上の金額については免除が適用されます。

 

上記の様に決定した返済額を『3年』で返済してゆく計画を立て、その通りに行います。

しかし、個人再生は、裁判所へ申し立てる所から始まる点は特定調停などと似ていますが、

手続きが非常に困難なため、個人で行うことは難しく、多くは弁護士や司法書士に

依頼することが殆どのようです

 

債務整理方法は複数ある

242

裁判は裁判所へ納めるお金や書類作成費用に弁護士費用が上乗せとなり、数十万円の費用が

発生するといわれています。(こちらは依頼先によって変わります。)

また、住宅ローンが残っている場合、持ち家を手放さなくてもよいがローンの減額もできない

という条件があります。

それでも手続きを行えば、手続き前よりは確実に債務は減りますが、最低でも3年間は

返済しなくてはならないため、この間にもし返済が困難になった場合、手続き全てが帳消しと

なってしまいます。

向こう3年の状況をよく考慮して、返済が困難となる可能性が少しでもある場合は、

自己破産申請を検討した方がよいという考え方もあります。

 

民事再生は自己破産と同様、新たな借り入れ契約(クレジットカードや消費者金融など)が

一定期間(7-8年といわれています。)出来なくなり、いわゆる『ブラックリスト』に登録を

されることとなります。

イメージとしては、メリットよりデメリットが目立つような内容ですが、他の方法と併せて

一番良い方法を選択する手段の一つとして考えればよいと思います。

 

エキスパートが揃っている事務所にお願いしよう

005

こういった相談は債務整理の事務所な中でも、圧締的な実績を持っているようなプロに

お願いするのが安心ですね。

ジャパンネット法務事務所は債務整理に特化した事務所の中でも過払金返還額5億円以上

という圧倒的な実績を持っています。

ジャパンネット法務事務所

今回ご説明している民事再生も熟知しており、スピーディーで確実に対応して頂けます。

現在債務整理・借金返済でお困りの方は一度相談してみてはいかがですか?

意外と簡単に問題が解決できるかもしれませんよ。

ジャパンネット法務事務所

サブコンテンツ

このページの先頭へ